指名バック・オプションバック

デリヘルアルバイトをする上でバック率は非常に重要なものですが、そのほかにも注意すべきポイントがあります。特に指名バックは非常に重要で、お客さんは女性を指名する場合に1000円から2000円の指名料を払うのです。この指名料金は多くの場合女性に全額入ってきます。指名してもらうことで手取りをアップさせることが出来るのです。

また、それ以外にもオプションバックと呼ばれるものがあります。お客さんにオプションを追加してもらうことでバックが発生するのです。デリヘルによってオプションは異なりますが、代表的なものは電マやローターなどのおもちゃ、ストッキング破り、顔射などです。デリヘルによってはイラマチオやAFなどハードなプレイのオプションもあります。

おもちゃなどスタンダードなオプションであれば2000円~3000円、ストッキング破りなどライトなオプションは1000円程度です。これらのオプションバックは30%~50%に設定されています。しかし、イラマチオやAFなどハードなオプションは5000円~1万円になっており、80%~100%という高バック率に設定されているのです。そのため、出来るだけオプションを利用してもらえるように工夫してみると良いでしょう。

バック率ってどれくらい?

デリヘルのお仕事をする上で、特に気になるのはバック率でしょう。これによって給料が決まりますのでチェックすべきポイントです。一般的なデリヘルのバック率は50%~60%とされており、1万5000円のプレイ料金でバック率50%の場合は7500円、バック率60%の場合は9000円受け取ることが出来ます。

バック率によって受け取る金額がこれだけ変化するため、デリヘルで働くのであればバック率についてじっくりと検討する必要があるのです。ただし、バック率の高いお店を選んでしまいがちですが、必ずしも高バック率が稼げるお店とは限りません。それよりも重要となってくるポイントは指名率です。いくらバック率が高かったとしても指名されなければお給料は思ったように伸びていかないでしょう。バック率が多少低くても、自分に合った雰囲気のお店で指名をしっかりとっていく、という方針が正しい選択であるケースもあります。

また、同じデリヘルだったとしても女性によってバック率が異なります。これはなぜでしょうか?主な理由は、多くのお店が顔出しOKの女性のバック率を優遇しているということです。具体的にはお店のホームページ、風俗サイトや風俗雑誌の広告などの顔出しです。顔出しをすることは身バレのリスクに繋がってしまいますが、身バレに抵抗の無い女性は顔出しをすることでバック率を上げることが可能です。

風俗求人のバック率

お金が必要な女性にとってデリヘルは非常に便利なお仕事ですが、具体的にどれだけ稼げるのか気になることでしょう。デリヘルは歩合制になっているので、お客さんの相手をすることで稼ぐことが出来ますが、実際に受け取る金額はバック率によって決まります。そのため風俗求人サイトや風俗求人雑誌でお店を選ぶ際は、バック率の高さを基準にして探すように注意しましょう。

参考[https://job-jojoen.jp/map/umeda/

また、デリヘルで働いて受け取るお金はバック率以外にも影響を受けています。それは指名バックとオプションバックと呼ばれるものです。これらのバックは数千円ですが、1日に何度も指名やオプションを追加してもらうことで大きな違いになります。そのため、しっかりと稼ぐのであれば指名バックとオプションバックについても知っておく必要があるのです。

基本的にはバック率、指名バック、オプションバックによってお給料が決まりますが、そこから引かれるものがないわけではありません。デリヘルによっては給料から雑費が引かれることもあります。雑費とはプレイに必要な消耗品の経費を指しており、具体的にはローションやうがい薬です。お客さん1人につき決まった雑費が引かれる場合もあれば、1日の給料から決まった割合が引かれる場合もあり、デリヘルによって異なります。そのため、事前に確認をしておきましょう。

また、店舗型ヘルスでしたら部屋の清掃代やタオル代が引かれることもあります。ただし、デリヘルは無店舗型ヘルスであることからそれらがありません。このサイトでは気になるお給料の仕組みについてご紹介しています。